そろそろ拷問の時間といこうか

現在39

voice
  • そろそろ拷問の時間といこうか

  • 復讐をしたいのなら代償を払いなさい!

  • 罪人よ、言い残した言葉はあるか

復讐の女神
ヘレン(CV:荒浪和沙)

所属 テンペスト
種族 女神
story

「至高会議」の一員であり、女神の住まう「至高の神域」において、死刑執行官を務める女神。
身の丈をこえる死の鎌を背中にし、その眼はすべての罪を見通すように冷たく、一切の感情の色を持たない。
全ての刑を極めており、それを総べているヘレンは、自らの職務に忠実であることを何より第一に考えている。
それゆえ、無情であり冷血であることはまた、彼女にとっては、誠実さの表れでもあるのだ。
かつて至高議会の勅命を受け、神域を離れて人間族と恋に落ちた「光明の女神」ダリアに対し、その恋人に闇の呪いをかけて刑を執行した時でさえも、ヘレンの感情は、いつもと変わらず冷静だった。
そうしてヘレンは、今日も世界を巡り、罪を背負ったさまよえる魂をとらえては、その贖罪と引き換えに、法と秩序が支配するテンペストへと誘っている。