誰に何を言われようと、 進むべき道を突き進むだけだ!

現在52

voice
  • 誰に何を言われようと、
    進むべき道を突き進むだけだ!

  • 運命を受け入れた時・・・俺の進むべき道が決まった

  • 幸福とは・・・なくしてから気づくものだ

ホークアイ
ロイ(CV:堀江瞬)

所属 フリーダム
種族 人類
story

「神聖帝国」の世界樹守備部隊の元最高指揮官。
暗い闇と強い意思を湛えたロイの瞳には、決して曲げられることのない信念と、それを支えている強烈な復讐心が常にある。
都の外れの貧困地域に生まれ、貧しくも父と母に愛を注がれたロイだったが、小さな幸せは長くは続かず、目の前で両親を殺されてしまう。
その惨劇を悪魔の仕業だと信じた彼は、その日から一切の感情と言葉を封じ、復讐の炎を胸に秘めて弓と剣の技を磨く。
神聖帝国軍へ入隊し、数えきれぬほど悪魔を狩り続け、そして、帝国軍でも最高の地位の一つである、世界樹警備部隊の最高司令官へと昇り詰める。
悪魔を狩らず、世界樹を守る束の間の日々に、副指令だった「エンパイヤシールド」ゼノビアに心を癒されるが、「鉄仮面」の手引きにより動いた「欲望の女神」クレアから、両親を殺した真犯人を聞いて再び心に闇を溜め、その復讐を果たすために「深淵連合軍」の三首領を復活させようとしていたスコールを、世界樹の前に招き入れてしまう。
混乱に陥る世界樹の前で、自分の部下であった騎士たちと、彼の名を叫び続けるゼノビアの姿をその暗い瞳で見つめながら、ロイは闇の中へと逃亡する。