心配しないで、この森は私が守る

現在59

voice
  • 心配しないで、この森は私が守る

  • あんな悲劇は繰り返させない

  • 狙うは心臓

エルフレンジャー
フリダ(CV:鬼頭明里)

所属 セレスティア
種族 精霊
story

エルフ族の「月光三姉妹」の末妹であり、現在のエルフ族の遊撃隊隊長。
緑の装束に身を包み、森に隠れ、木々を渡りエルフ族の拠点を守るフリダは、素晴らしい弓の腕前を持っており、まだ若いエルフながら遊撃隊の隊長の任についている。
勇敢で強い責任感を持つ彼女は、「デビルハンター」ミランダ、「フォールンエンジェル」エレンという二人の姉に対して常に思いを寄せており、彼女が若くして今の地位に就くことができたのは、その思いによるところが大きい。
エルフ族の壊滅の日、まだ幼かったフリダは、自分と次姉エレンの命を救うために敵に捕まった長姉ミランダと、その後、ミランダを助けようとして敵陣に忍び込んだエレンの行動に感銘を受け、また、それきり戻らなくなってしまった姉たちに対して、深い悲しみと後悔を抱き、いつか姉たちが戻ると信じ、弓の腕を磨いてエルフ族の拠点を守り続けた。
その後、二人の姉がテンペストにいることを知り安堵するが、このエルフ族の拠点を「運命の女神」ディステニアに用意してもらったフリダは、その恩義に報い、そしてこの地を守りぬいくことで、姉たちと同じような不幸な境遇の子供を出さぬために、セレスティアに残ることになる。