夢は幻ではなく、心の写し鏡なのです

現在19

voice
  • 夢は幻ではなく、心の写し鏡なのです

  • 恐れないで、きっといい夢がみられますから

  • さぁ、お眠りなさい

月の女神
ルナリア(CV:衣川里佳)

所属 セレスティア
種族 女神
story

「至高議会」の一員で、夢と夜をつかさどる女神。
神秘的な姿と穏やかな声を持つルナリアは、夜の時間と世界、そしてサファイア大陸に生きるすべての生き物の夢の中に存在し、それを見守る女神であり、時にその声を夢見の主に届けて癒しを与えている。
多くの場合には、現実世界に現れることはせず、夢の領域にいることで、あらゆる者に対して平等に接し、慈悲を投げかけることで知られており、それがたとえ悪であったとしても、夢の中でルナリアのすることに変わりはない。
光明の女神ダリアが暗黒の王に転じてしまい、全ての女神族が総出になってこれを封印し深い眠りにつかせた時も、その夢の中で悪夢に苛まされるダリアの傍らにつき、声をかけて見守り続けていた。
このように慈愛の深いルナリアだが、だからと言って、決して悪に対して寛容なわけではない。
世界の安息に害をなす者を、決して見逃すことはなく、「鉄仮面」の率いる「暗黒会議」にて、暗黒の王を復活させようという企てが進められた際には、夢の領域から抜け出し至高会議にそれを伝える事をしている。