全てを忘れて、やすらかに眠りなさい…

現在41

voice
  • 全てを忘れて、やすらかに眠りなさい…

  • このキスで安らぎなさい

  • 貴方は頑張ったわ…

戦歌の女神
セリア(CV:天神桃子)

所属 セレスティア
種族 女神
story

「至高議会」の一員で、戦乙女と呼ばれた武闘女神の一人。
柔らかな光を跳ね返す象牙白の長杖と、同じ色をした長い髪が戦場の風にたなびくとき、居あわせた戦士たちは鮮やかな旋律をその耳に聞くと言われている。
戦争を好み、戦地から戦地へと赴くセリアだが、その気まぐれな性格から、どこに彼女が現れるのかはわからない。
ただ、戦場にはいつも彼女の姿があり、そして、戦場で命を落とした英雄に鎮魂の歌を捧げる。
その行為は彼女にとっては神聖な事であり、それを妨げる者や、英雄を侮辱するものを、彼女は決して許さない。
恐れに負けず勇敢に戦い、そして命を散らしていった英雄に対して、なにより最高の敬意を払うセリアは、彼らに自らの唇でキスを与え、そして安らぎと労いを込めて歌を捧げる。
セリアの歌を聴いたものは、みな安堵を覚え、たとえ痛みと苦しみの中にあったとしても、それが消えて、微笑みを口元にし死へと旅立っていく。
セリアの心が怒りに満ちることはほとんどないが、英雄に対して侮辱的な態度をとる者に対してはこの限りではなく、そうした行為をし、生きていられた者はただの一人もいないと言われている。