月に感謝を、貴方に加護と祝福があらんことを!

現在31

voice
  • 月に感謝を、貴方に加護と祝福があらんことを

  • 例え一人になろうとも、祈り続けます

  • どうか我らをお守りください…

ルナプリースト
シエラ(CV:桑原由気)

所属 セレスティア
種族 精霊
story

エルフ族の崇める祖霊を祭る月の神殿の、最後の司祭。
シエラは、エルフ族の祖先を祭り崇める月の神殿を守っている司祭であり、強い信念と忍耐力、誠実さをもっている。
それを示す証しは多いが、何よりも一度失った祖先の霊たちの加護を、もう一度取り戻したという事が、シエラの努力を表しているだろう。
黒龍王の計略にはまり人間族と仲違いをした「混沌の戦い」や、獣人族の土地を奪った「新世界計画」などにより堕落していくエルフ族に祖霊たちは嘆き、これを見限って一切の加護を取りやめてしまった。
加護による益を得られないと感じた神官たちが、次々と神殿を去る中、シエラだけは決して祈りを止めなかった。
また、失った加護を得るためにサファイア大陸を巡礼し、様々な場所をめぐって功徳を積んだ。
その行為は、エルフ族だけではなく、獣人族や女神族などに分け隔てなく注がれた。
この功徳と、それに向かう誠実な姿勢に、ついに祖霊たちが応じ、シエラに月の神殿の再建を命じ、そして、エルフ族は再び加護を得られるようになったのである。
こうして、シエラは最後の月の神殿の司祭となり、これを守り続けている。。