我が身が汚れようとも 世界樹の守人である使命は忘れません。

現在1

voice
  • 我が身が汚れようとも
    世界樹の守人である使命は忘れません。

  • なんと汚らわしいんでしょう

  • 永遠に年なんてとらないわ!

光陰の女神
リリス(CV:衣川里佳)

所属 テンペスト
種族 女神
story

サファイア星の源である世界樹の管理人をしている女神。
愛くるしい少女の姿をしており、リリスのいる場所では、いつでも柔らかな光が注ぎ、華やかで安らぎがあるように感じられる。
常に笑顔を絶やさず、誰にでも優しくふるまう彼女が、実は女神族の中でも最高齢の一人であり、一度荒ぶり怒り始めると手の施しようがない性格である、という事を知る者は少ない。
かつての女神族たちの母星「神聖の星グレイス」において「古の大樹」の番人をしており、サファイア星に女神たちが降臨した際に、混沌に侵され衰弱していた世界樹を救うため古の大樹を同化させた。
このことにより、リリスは負の感情と穢れを浄化する力と、永遠の若さを手に入れた。
地上の種族たちが生み出す負の感情と穢れは、世界樹を通して浄化されていくが、それはリリスの中に少しずつ蓄積されていき、彼女に苦しみと静かな怒りを与えている。
いつでも温かくすべてを包み込む笑顔を浮かべているリリスだが、いずれは荒ぶる感情が、地上の種族へ向けられないとも限らない。